野犬センター

初めまして、野良犬と申します。 ゲーム:大航海時代オン(E鯖)再開中, 職業:☆朝⇔エンジニア☆夜⇔学生☆。 趣味:日本語,お花,お料理,動物。 学校:南台科大日文系(夜) 中國語+日本語のBlogwよろしくー

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご主人様の日常♪


写真をみたら、シャワーするようにとかを思ったが、実は、これは吸水力のテストです。

これからは台風の季節に近い、雨を降る発生率が高いです。念のためにこういうの作業でcheckする。ちょっと残念ながら、ハバ重い方はダメな子にとしてリストラされる。
スポンサーサイト

| 台湾文化 | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾屋台文化『フリーマーケット編』

| 台湾文化 | 00:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台灣的原住民

台灣的原住民

◎南島語是世界上種類最多(約五百種)的語系,也是地理分布最廣的語言。

◎臺灣原住民均屬南島語族的一支。

 

十七世紀後漢人大量來臺(為區別異己) :稱住在平原者稱為平埔番;活躍山區者稱為高山番

清領時期(依歸順情況) :區分生番熟番化番,以定位清廷族群政策與區別番漢關係。

日治時期 :曾以蕃族、高砂族稱呼,並引進族群概念,將其區分為今日泛稱的平埔族高山族

 

平埔族是對居住在臺灣平野地區的許多南島語系原住民族群的泛稱。這些族群往昔被日本人及清人蔑稱以「平埔番」、「熟番」等名。

平埔族約略分為八族:

凱達格蘭族--基隆、臺北

噶瑪蘭族--宜蘭平原

道卡斯族--新竹、苗栗海岸平原地帶

巴則海族--臺中北部

巴布拉族--大肚山西麓平原

貓霧拺族--臺中南部、彰化、雲林北部一帶

洪雅族--雲林、嘉義、彰化

西拉雅族--臺南、高雄、屏東一帶

 

日本學者伊能嘉矩最早對原住民進行系統分類,當時對於「高山族」的分類普遍包括9個族群。他們是:泰雅族、賽夏族、布農族、鄒族、魯凱族、排灣族、阿美族、卑南族、雅美族(達悟)。近年來隨著原住民自我意識的提昇,邵族、太魯閣、賽克及撒奇萊雅族陸續正名。屬平埔族之噶瑪蘭族也成功爭取到正名。

≫ Read More

| 台湾文化 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台湾語?北京語?客家語?

こんばんはー犬です。

台湾人は、もともと台湾語を母国語として話していたのが、
国民党が大陸から来たために母国語が中国語(北京語)に
なってしまいました。

政治関係

中国国民党政権は、北京官話を「国語」と呼んで、公用語として
いた為、1980年代までは、学校での台湾語使用を禁止や媒体
での台湾語の放送の量を制限していた。だが、台湾語、客家語
、又は原住民の言語の教育が必要だとの声が次第に高まっている。

二二八事件 
二二八事件は1947年2月28日に台北市で発生したのです。
その後台湾全土に広がった、当時はまだ日本国籍を持っているの
本省人(台湾人)と外省人(大陸人)との大規模な抗争。この時期は
白色恐怖時期」*(1949~1987)と呼ばれています。約40年後、
戒厳令の終了と政府側の遺族への謝罪により漸く終結した。
本省人はこの事件を台湾大虐殺と呼んでいる。


ところで、台湾語っていったいなんでしょう?

伝統的な分類に従えば、以下のような階層構造で表されています。

シナ・チベット語族 → 中国語 → 閩語閩南語台湾語 *(wikiより)

文法って、台湾語の文法は中国南部の諸方言に似ております。
特に「客家語」や「広東語」と親戚関係にあります。

客家語は、主に漢族である客家人が使用する中国語の方言
(あるいはシナ諸語の一言語とも) 台湾では、北西部の桃園県
南部、新竹県と苗栗県など。現在では母語を教える時間が
設けられたり、客家語にの番組もありました。民主進歩党政権
になって始まった国営・客家テレビなどにより、保存と継承の
努力が進められている。

語順について~

「S、VO」=台湾語、ラテン語、アラビア語…
(主語動詞目的語)

例:「I love you.」

「S、OV」=韓国語、日本語、トルコ語…
(主語目的語動詞)

例:「僕は君を愛してる。」=一般的には、○○さんのことが好きです

そして、台湾は地域によって、北京語と台湾語の両方を使用する
ことができます。そのどちらを用いるかは状況によってことなるが
、一般的に公式の場では北京語を、非公式の場では台湾語を用
いているのです。北京語が特に台北のような都市部でより多く用い
られているのに対し、台湾語は特に南部「台南、高雄など」の地方
でより好まれる傾向にある。

で、犬も台湾語のほうが上手と思います。^^;わぉんー

| 台湾文化 | 23:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。