野犬センター

初めまして、野良犬と申します。 ゲーム:大航海時代オン(E鯖)再開中, 職業:☆朝⇔エンジニア☆夜⇔学生☆。 趣味:日本語,お花,お料理,動物。 学校:南台科大日文系(夜) 中國語+日本語のBlogwよろしくー

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オオカミが来た!来たょ!

 ある村に、ヒツジ飼いの男の子がいました。
 来る日も来る日も、仕事はヒツジの番ばかり。
 男の子はあきあきしてしまい、ちょっといたずらをしたくなりました。
 そこで男の子は、突然大声を上げました。
 「大変だ! オオカミだ。オオカミだー!」
 村人が驚いて、駆けつけて来ました。
 それを見て、男の子は大笑い。

 何日かして、男の子はまた大声を上げました。
 「大変だ! オオカミだ。オオカミだー!」
 村人は、今度も飛び出して来ました。
 男の子はそれを見て、またもや大笑い。

 ところがある日、本当にオオカミがやって来て、ヒツジの群を襲いました。
 男の子は慌てて、叫び声を上げました。
 「オオカミが来た! オオカミが来た! 本当にオオカミが来たんだよー!」
 けれども村人は、知らんぷりです。
 何度もうそをいう男の子を、誰も信じようとはしなかったのです。
 かわいそうに、男の子のヒツジはオオカミにみんな食べられてしまいました。

 このお話しは、うそつきはたとえ本当の事を言っても、誰も信じてくれない事を教えています。

 おしまい

スポンサーサイト

| イソップ童話 | 13:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。