野犬センター

初めまして、野良犬と申します。 ゲーム:大航海時代オン(E鯖)再開中, 職業:☆朝⇔エンジニア☆夜⇔学生☆。 趣味:日本語,お花,お料理,動物。 学校:南台科大日文系(夜) 中國語+日本語のBlogwよろしくー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぜ結婚したいの? 「通訳 Part①」

なぜ結婚したいの?
為什麼會想結婚?
結婚する前に仕事で自分のことをスタディしておくと良いと、
ここまで 話すを進めてきました。ところが、どうしても気に
なるのが結婚です。
在結婚之前從工作來了解自己。
但是結婚這件事還是很令人在意的一件事。

それが気になって仕事も手につかないという人から、
このまま仕事を していて大丈夫なんだろうかと、
時に気もそぞろになる人まで、 多かれ少なかれ心を
砕かれるのが結婚というものです。
仕方ないですね、結婚ですから。
因為有的人滿腦子都在想結婚這件事,所以工作也沒辦法專心、有些
人會覺得這樣一直工作好嗎?有時想到結婚這件事心情都焦慮起來。

そこでこの章では、結婚について掘り下げて考えてみたいと
思います。 これほど気になる結婚とは何なのか。これまでと
違っていることはない のか。そして、多くの女性が仕事も家庭
も持つようになってきた時代の、 これからの結婚はどこへ行こう
としているのか。
因此在接下來這個章節,我想要針對結婚這個主題進行深入的探討。
會讓多數人在意的結婚到底是怎麼一回事。過去與現在到底有什麼
不同的變化呢?而且在那麼多女性要同時兼顧家庭與工作的時代,
今後的結婚又會有怎樣的改變呢?

さぁ、実践的スタディ・結婚篇のスタートです。
那麼就開始實地的研結婚篇。

1. 日本女性の結婚好きはどこからくるのか 
1.日本的女性會想結婚的原因為何呢? 

「日本は女性はどうしてそんなに結婚が好きなの」
 「日本的女性為什麼會那麼的想結婚呢?」
私はまったく同じ質問を、それぞれ別の機会に3人の外国人から
受けた ことがあります。 ひとりは23歳の留学生で、ひとりは
大学の先生、 そしてもうひとりは日本で働く研究者でした。
我曾經在某些機緣下碰過三位外國人,這三位分別問過我非常相似的
問題。其中一位是23歲的留學生,另一個是大學教授,還有一個是在
日本從事研究工作的研究者。

これだけ豊かな国で女性の進学率も高いのに、特に女子学生に
おいて 結婚熱が高いのが奇異に映るらしいのです。
在這麼富裕的國家,女性學生的升學率是如此的高,特別是女學生
還會對結婚這麼的熱衷,居然會有這麼令人不解的現象發生。

「民族性なのか」と聞かれても、そんなことは分かりません。
ただ、 自分の結婚好きを見透かされたようでハッとしたのは事実
です。
被問到「難道是民族性的關係嗎?」,其實這種事是無法理解的,
只是彷彿自己想結婚的念頭已被看穿似的,是個隱藏不了的事實。

「それはなぜと思います?」と逆に質問してみると、 次のような
意見が返ってきました。
「為什麼會這樣呢?」正當不停反覆的思考這個問題時,接著又傳來
 這樣的見解。
「男性が女性の自立を望んでいないから。 また、女性自身が
そのことを敏感に感じとっているから」
「是因為男人不希望女人獨立。或者,女人對這件事本來就很敏感。」 
「女性は持てる能力を社会ではなく、 家庭のなかで発揮する
よう期待 されているから」
「因為這個社會不適合有能力的女人生存、只有家庭才是女人發揮的場所。」
「そもそも結婚を、愛情関係ではなく経済関係とみなしているから」
それぞれ的を射ており、胸に突き刺さってくるものがありました。
「因為看透了結婚的意義不是為了愛情而是經濟的問題」
 這些問題都不偏不倚的射中心坎...


自立する女性は魅力的じゃない!? 
 獨立的女性沒有魅力真的嗎?

男性が女性の自立を望んでいないというのは、 アメリカから
やってきた女性の留学生です。
男人不希望女人独立是一位來自美國的女性留學生。
彼女によれば、この国では自立できるようなタフな女性よりも
、 ひとりでは生きていけそうにない女性の方が男性から好まれ
ている、と。 よって、女性は理想の職業を選ぶことより、理想
の男性に結婚相手として 選ばれたいと思っている、と。
根據她的說法:「在日本,比起能夠独立自主、堅韌不拔的女性而言,
一個沒有媒生能力的女性似乎反而比較受到男性的喜愛。因此、女性
與其選擇理想的職業,倒不如被理想的男性當成結婚對象來看待。


彼女が日本で出会ったケースをいくつか紹介するのを聞いて
いくうちに、 私はある調査結果 (バージニアスリムレポート1990)
を思い出しました。
そのなかで、「どんな女性が魅力的だと思いますか?」と、
日米の男女に尋ねています。
聽著她在日本遇到的幾個例子時,我突然想起一件調查結果。
(1990 維珍妮香煙的報告)在裡面有一份「怎樣的女性才有魅力呢?」
是針對日本與美國的男、女性為對象的問卷調查。


アメリカは男女ともに「自立している女性」が多く、
男性58%、女性53%。ところが、日本の場合は、
男女ともに「男性に頼る女性」が多く、男性68%、女性66%です。
美國男女性的回答「独立的女人」占大多數、男性58%,女性53%。
另一方面、日本男女性的回答「小鳥依人的女人」占大多數、
男性68%、女性66%。
 
アメリカの場合は、女性が自立したいとお願い、
その自立した女性を男性が魅力的に感じるのか。
それとも、男性が自立した女性を魅力的だと思っているから、
女性も頑張って自立しようとするのか。
在美國方面,比較希望女性能独立自主,如此對於男性而言比較有魅力。
或者是独立自主的女性比較受到男性的欣賞,所以美國的女性們才會
想要變得比較独立吧!?

どちらが先なのかは分かりません。
ただ、この世に男と女しか存在しない以上、
異性の考え方から少なからず影響を受けることも確かです。
そうでなければ、日米ともに男女の答えがほぼ同じスコアーになって
いることの説明がつかなくなります。
哪一個才是起源我是不清楚,在這只有男人與女人存在的世界裡,
我們的思想的確受到異性不少的影響。若不是這樣,就沒辦法說明
日本和美國男女會回答出同樣的答案的比例那麼接近。


アメリカでは「自立している女性」を、日本では「男性に頼る女性」を
魅力的だと思っていて、その留学生の目に結婚好きと映してしまうのも
無理のない話です。
美國風行「独立自主的女人」,而日本則是「依靠男人的女人」
比較令男性欣賞,看在那位留學生的眼裡,也難怪日本女性是這麼的
熱衷於結婚。

(つづき。。。)

| 宿題 | 07:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://noraikann.blog94.fc2.com/tb.php/371-d5d76f6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。