野犬センター

初めまして、野良犬と申します。 ゲーム:大航海時代オン(E鯖)再開中, 職業:☆朝⇔エンジニア☆夜⇔学生☆。 趣味:日本語,お花,お料理,動物。 学校:南台科大日文系(夜) 中國語+日本語のBlogwよろしくー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぜ結婚したいの? 「通訳 Part⑥」

2.これほど人を惹きつける結婚とは何か
2. 「結婚」這麼誘人的理由是?
世の中に()い人と悪い人がいることを、幼少(ようしょう)の頃は何かにつけ教え込まれます。白雪姫は良い子で、魔法使いのおばあさんは悪い人。桃太郎は良い子で、鬼は悪い人。だいたい白くて丸くて小さなものが善で、黒くてごつくてデッカイものが悪と、子供にもすぐ判別がつくようになっています。
在年紀還小時常常被反覆灌輸著在這個世界上有好人與壞人的觀念白雪公主是善良的小公主,但魔法婆婆郤壞心眼的母后桃太郎是正義的使者,而妖怪們是邪惡的化身大致上,乾淨嬌小又柔弱的就是善良的角色,而骯髒巨大又強壯的則是邪惡的角色等就連小孩子們也能夠清楚地辨認出來


ところが、だんだん大人になる(したが)って、善と悪は一概(いちがい)分けられないということを学習(がくしゅう)していきます。聖人君子と思われていた人が実は詐欺(さぎ)をしていたり、極悪非道だと見られていた人が陰では貧(まず)しい人を助けていたり批判(ひはん)やら風貌(ふうぼう)人間をきめつけてはいけないことが、すこしずつわかってきました。
反倒是,隨著逐漸懂事後,才明白也不是這樣籠統地來區分舉例來說,被大家稱作是聖人君子,實際上到處欺圧著世人,看起來兇神惡煞的傢伙,反倒是暗中拔刀相助的那一位,無論是讓人讚賞或者是批評,絕對不可以輕易地去否定一個人的價值,這個道理我也是慢慢才領悟到的
しかし、そうは言いながら、いいか悪いか、とりあえずでも、はっきりさせておきたいものです。
そこで勢い、いいところばかり強調されやすいもの誇張(こちょう)されるもの生まれます私はつねづね、「結婚」はいい役で、「仕事」は悪役として作られている思えてなりません。、悪いところばかりを
但是,話雖然這麼說,到底是好人還是壞人!?姑且不論結果,人們總是習慣先讓自己有個想像的空間因此自然而然地,衍生出人們刻意的去強調優點以及過份的誇大缺點長久以來我並不認同,結婚就是好角色,而工作被當成壞角色的這種說法
 
 
 
「結婚=幸せ」で「仕事=苦しみ」の図式
結婚幸福工作辛苦的観點
結婚にも辛いこと悲しいことつきもののに、「結婚=幸せ」という図式がしっかりできあがっています。一方、仕事にもたのしいこと心ときめくことがあるはずなのに、「仕事=苦しみ」という図式がこれまた完成しています。とくに西欧では、アダムが楽園を追われて仕事を課せられたときから、この図式は強固にできあがっています
結婚後免不了委屈與悲傷的事結婚=幸福這樣的観點郤是社會上的一般想法另一方面,工作上應該也有另人開心而且又光采的一面,不過工作=辛苦這樣的観點也還算說的過去特別是在西歐,天神創造亞當指派他去維持伊甸園的守護工作,這個観念在歐洲人的観下更是堅定不移

エテン=楽園=伊甸園(中文)→桃花源
とはいうものの、見るから祝福(しゅくふく)するのはいったいどうしてなのでしょう。仕事の楽しさは教えないで、忍耐(にんたい)苦労話(くろうはなし)ばかりが蔓延(まんえん)しているのは、またどうしてなのでしょうかうまくいきそうにもないカップルまで歯の浮くような言葉を並べて
私は図式ができあがっているからこそ別の面見る努力があってもいいと思うのです
話雖如此,不過連那對看起一點也不速配的情侶也用著肉麻的言詞在祝福著他們,這又是為了什麼?
在工作職場上愉快輕鬆的話不提,盡是說了些,要忍耐,很辛苦之類的話語,這到底又是為了什麼呢?
正因為我看過很多的這樣子的例子,因此我更希望能夠用另一種観點來看待這件事情
ところが、幼児(ようじ)期の善玉と悪玉を、いまだ引きずっているようで、どうもいただけません
私が仕事の情報を扱っているから、肩を持ちたいのかもしれませんが。それにしても仕事にまつわる言葉が、企業戦士M、勤務疲労、過労死、単身赴任、サービス残業、接待攻勢、指名解雇・・・・・・。
どれも目を覆いたくなるような文字づらばかりです。
但是,也不可能從出生不久的小嬰兒,從裡面將好人與壞人挑出來
正因為我是擔任求才情報的收集者,同時也背負著相當大的重任即使如此,自己本身也纏繞著一些職場術語,比如,企業戰士M(企業M)勤務疲勞(日本勞基法規定每週工作時數不得超過40小時)過勞死(自我犠性)單身赴任(長期性外地出差)責任制加班(costdown)接待攻勢(交際應酬)指名解僱(公司業績下滑)・・・,不論那一種都是另人相當棘手的字眼

接待攻勢」:相手の人間に便宜を図ってもらうために、その人間にタダで飲み食いさせ、その他ゴニョゴニョな事をしてあげることです。と、かなり大雑把な説明。

「指名解雇」:リストラの内の一つの方法です。通常は早期退職者を募るのですが、会社が直接個人を指名して、その人を解雇させることです。

年間120万人ちかくの新卒(しんそつ)者が入職してくるのですから、せめて明日への希望が持てるような話もう少し日常にころがっていてもいいのにと思ってしまいます
每年有將近120萬位畢業生投入職場生活,起碼在日常生活中講一些讓他們有信心能迎接明天的挑戰之類的話,或許也是一個不錯的方法
 
華やかさと幸せに(いろど)られた儀式
華麗又充滿著幸福的儀式
さて、仕事をなんとか浮かび上がらせたい願う私も、どうがんばっても分が悪い思うものがあります。それは、儀式の差です。はたして、結婚と仕事の儀式には、どのくらいの違いがあるのか、この際しっかり押さえておくとしましょう。
接著,我嘗試地想將工作的優點顯露出來,不過,無論怎麼努力劣勢還是存在著這就是形式上的差距究竟,結婚與工作在形式上,到底有什麼不一樣的地方呢?現在我們就好好地來深入了解吧

分が悪い」:不利。争っても勝つ見込みがない。
この際しっかり押さえておくとしましょう=この際しっかりと覚えておくとしましょう
結婚の儀式といえば、言うまでもなく華燭(かしょく)のこと結婚式です。
說起結婚儀式,也就是所謂的結婚典禮
純白のドレスに、長いヴェール。手には、白い胡蝶蘭(こちょうらん)の花。門出(かどで)を祝うライスシャワー誓(ちか)いの言葉に、指輪の交換。ロープ・デコルテに、輝くティアラ。ヘップバーンか、雅子妃か、まさに気分はプリンセンス。
純白色的禮服配上長頭紗。手裡捧著胡蝶蘭花束。在教堂門口被灑著祝褔的花瓣,接著在神與眾人的面前宣示下互相交換結婚戒子。晚間穿著晚禮服配戴著鑲著寶石的頭飾。就像是女星奧戴利,雅子王妃般的飄逸著公主般的氣息。
ヴェール:①顔を隠すための布。②様は人目に触れないように隠すための物です。
ライスシャワー:新郎新婦に向かって米を投げる行為。
PS:最近は汚れるってんで造花を投げる場合もあるみたいですけど。
ローブ・デコルテ(仏:robe décolletée)
は、ネックラインが深く大きくカットされ、首筋や胸元を露わにしたスタイル(デコルテ)のドレスのこと。イブニングドレス(英:Evening dress)。
ヘップバーン:女優のオードリー・ヘップバーン。
プリンセンス:お姫様。

いっぽう、仕事の挙式にあたるものといえば、さしずめ、整然と並んだ入社式いったところです。

おめでとうは、最初のひとことだけで、あとは一本調子の社長訓話。指輪交換ではなく、辞令(授与)。ハレルヤの代わりは、知るはずもない社歌斉唱。先輩からは、ガンバレ、ガンバレの大コール

二次会ではたっぷりお酒を飲まされ、翌日はタヒチへ一路、というのとは大違い。
朝いちばんに
這ってでも来い、とサラリーマンの薫陶(くんとう)第一講をさずかって家路(いえじ)につく......。

另一方面,談起在工作場合中最適合的典禮,不外乎就是整齊排成一列的新社員入社歡迎會祝賀的話僅有儀式剛開始的第一段致詞,接著就是董事長那段枯燥無味的訓話而且交換的也不是結婚戒指,而是收到一張任職令取代哈里魯亞的是生疏的社歌大合唱前輩們大聲的替我們聲援加油加油!!到了晚上的二次會當然就是被灌著大量的酒,隔天也並不是直接前往大溪地而是被前輩們告知,明天早上要早點來公司,踏上回家的路

あたるもの=該当するもの(挙式に該当するは~)
ハレルヤ=アリルイヤかな~贊美歌
コール=エール[yell](学生スポーツの試合で、選手を励ますときの叫び声。声援。)

華やかさと幸せに彩られた結婚式と、ただただ、覚悟(かくご)を迫られる入社式。見栄えからして、気持ちの高まりからしてもはや雲泥(うんでい)の差があります

華麗充滿著幸福的結婚儀式與單純被迫參加的入社儀式表面上看起來,心情上的起伏就像是天堂與地獄般的差距一樣

 

| 宿題 | 09:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://noraikann.blog94.fc2.com/tb.php/392-2c5e62a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。