野犬センター

初めまして、野良犬と申します。 ゲーム:大航海時代オン(E鯖)再開中, 職業:☆朝⇔エンジニア☆夜⇔学生☆。 趣味:日本語,お花,お料理,動物。 学校:南台科大日文系(夜) 中國語+日本語のBlogwよろしくー

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬と私の10の約束



☆.私と気長につきあってください。
☆☆.私を信じてください。それだけで私は幸せです。
☆☆☆.私も心があることを忘れないでください。
☆☆☆☆.言うことを聞かないときは、理由があります。
☆☆☆☆☆.私にたくさん話しかけてください。人の言葉は話せないけど、わかっています。。
☆☆☆☆.私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。
☆☆☆.私が年をとっても、仲良くしてください。
☆☆.あなたには学校もあるし友達もいます。でも、私にはあなたしかいません。
☆.私は10年くらいしか生きられません。だから、できるだけ私と一緒にいてください。
★.私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。そして、どうか覚えていてください。私がずっとあなたを愛していたことを。

book.jpg
●原作
「犬と私の10の約束」
川口晴著(文藝春秋)
7月30日発売
定価1200円(税込)

★予告編★


http://www.inu10.jp/


あらすじ紹介

ある日、12歳になったばかりのあかりが学校から帰ってみると、庭の植え込みからヨチヨチ歩きの子犬が出てきました。犬を飼いたがっていたあかりは捕まえようとしますが、電話の音にビックリした子犬はどこかへ姿を隠してしまいます。しかもその電話は、母が倒れ、入院したという父からの知らせでした……。
photo2.jpg


 慣れない家のことや寂しさに向き合うあかり。へこたれそうになる心を支えてくれたのは、四月に知り合ったギターの上手な男の子、星進くんでした。母のお見舞いに病院へ向かう途中で、ギターを聴いたり、寄り道をしたり、つかの間の心和む時間を過ごします。
 母が入院して数週間、函館の総合病院に勤める医師である父はいつも忙しく、日曜日も仕事。そんな朝、例の子犬がまた庭に現れました。右の前足だけが白く、靴下をはいているように見えるゴールデンレトリバーは、こうして家族の一員に。
photo1.jpg

 さっそく病院に見せに行くと、
「犬を飼う時は10の約束をしないといけないの」
 と、母は言います。
「私にはあなたしかいません。仲良くして。遊んで。信じて。心があることを忘れないで。
 私が死ぬときはそばにいて。私がずっとあなたを愛していたことを覚えていて……」
 あかりは子犬と10の約束を交わしました。
 その子犬は白い足にちなんでソックスと名づけられ、かけがえのない存在になってゆきます。母が急死した時にも、片時も離れずあかりの悲しみを癒してくれたのはソックスでした。
 しかし、恋をし、将来の目標に夢中になるにつれ、あかりはソックスの存在を邪魔に思い、イラ立ちを覚えるように……。
 ソックスとの10の約束を、あかりは最後まで守れるのでしょうか?

| ノラ犬の世界 | 08:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://noraikann.blog94.fc2.com/tb.php/98-1d871728

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。